学生インターンシップとは
about us

 

HOME > 学生インターンシップとは ハワイ・学生インターンシップ体験談

ハワイ・学生インターンシップ体験談

学生インターンシップは留学と異なり、会社の一員として成果を出すということが発生します。そのため、その時間は英語を話さなくてはいけないという状況になり、日本語が通じる場所が多いハワイとは言え甘えは許されません。そんな中で言葉の壁を乗り越え、数々の失敗を繰り返しながらも、人間的に大きく成長できるのがインターンシップの魅力です。

また、仕事をすることにより生活環境が整うだけではなく、そこで生きた英語を目の当たりにし、自然と英語学習への意欲も高まるため、身に付くスピードも速いと言えるでしょう。
とはいえ、学生ハワイでインターンシップとして働くのは、観光で訪れるのとは違うため不安も多いでしょう。

また、トレーニングプログラムとは言え、企業側から見れば、学生にも高い意識を持って働いてもらうことが求められます。ここでは、そんなハワイでの学生インターンシップで就労体験を持つ体験者の方の体験談をご紹介します。

体験談その1

ウェディング関連企業ウェディング関連企業

学生インターンシップを選んだきっかけは、以前から海外生活を体験してみたいという気持ちが強かったことと、ハワイ好きの両親のすすめでした。
当時、私は日本の大学に入ったばかりでしたが、学校の春休みの時間を使って渡米。縁あって、ウェディング関連会社に勤務が決まりました。この会社は日系の会社で、日本をはじめ、世界各国から訪れるカップルにオリジナルプランでの挙式やビーチフォトをプロデュースしたり、ハワイに住んでいるローカルのお客様にも神社挙式や和装のプランを提供したりするなど、幅広く活動をしていました。
そこでの私の仕事は、挙式を控えたお客様との打合せの同席や、挙式当日のレセプションパーティー、ウェディングフォトツアーのアテンドが主でした。

最初の頃はわからないことだらけでしたが、次第に慣れてくると、お客様からの問い合わせ対応や撮影や衣装の提案などもさせてもらいました。ウェディングはお客様にとって一生の思い出になるとても責任重大なので、インターンシップでもやりがいがあり、お客さまからの「Thank you」という言葉を聞けることが一番の喜びでした。
また、仕事が充実しているせいか、仕事が無い日は勉強にも集中できました。そして、ハワイはフレンドリーな人が多く、色々と紹介してくれるのでウクレレや以前から興味があったスタンドアップパドルサーフィンも習い始めハワイを満喫することができました。

こうしてハワイで学生インターンシップを体験するまでは、将来の夢もただ「海外で生活してみたい」と漠然としただけのものでしたが、実際の挙式に立ち会うことで、本物のホスピタリティを身につけていきたいという想いが芽生え、ウェディング業界へ就職したいという思いが強くなりました。

体験談その2

広告代理店広告代理店

私は日本の大学を一年間休学し、「今よりもっと英語力をつけたい」という一心で学生インターンシッププログラムに参加をしました。日本でネイティブな教師がいるスクールでの勉強や、アメリカへの留学も検討しましたが、実用的な英語を学ぶならと思い決心。
また、それまでは当然、働くとはいってもコンビニや飲食店でのアルバイト経験しかなかったので、大学を卒業し社会に出る前に本格的な職場体験をしてみたいと思ったこともこのプログラムに参加した大きな動機です。

そして、今回のインターンシップ先はメジャーな広告メディアを扱う企業で、ハワイで話題のお店の取材アシスタントが主な仕事でした。
また、日本で放映するテレビ番組のハワイ特集のロケ地を選定することもあり、自分の意見を取り入れてもらえることにやりがいを感じました。なかなか意思が伝わらず、苦労することもありましたが、今まで勉強してきた自分の英会話の実力を知ることが出来て、とても役に立ちました。
また、日本にいる時は英語を使うことに少しだけためらいや恥ずかしさがあったのですが、ハワイの人々の大らかさや優しさに触れ、堂々と自分の言葉で話すということが身に付きました。
さらに語学意外にも学ぶことが多く、この学生インターンシッププログラムを通して語学力以外でも大きく成長出来たと感じています。

今回は、初めての体験なので4週間という短い期間だけでしたが、学ぶことは本当に沢山あったので、絶対にもう一度ハワイで働きたいと思います。少しでも学生インターンシップに興味があれば、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

体験談その3

デザイン業デザイン業

海外で仕事をするために6週間の学生インターンシップのプログラムに参加しました。
ハワイでのインターンシップは申し込み時から緊張していましたが、出発する前にもカウンセリングをしっかりしてもらえたおかげであまりネガティブな考えにはならずにすみました。
現地にも担当者の方がいて、いつでも相談に乗ってもらえるので、そういった意味でも安心できるプログラムだと思います。
6週間というプログラム期間は私にとってちょうどいい期間だと感じました。
インターンシップでは企業で働くことになりますが、プログラムによって期間が変わります。何が違うのだろうと考えていましたが、プログラムの期間で内容が変わってくるかと言えば大きく変わってはいないようでした。
いざ働いてみると、充実した内容に対して4週間という期間は、仕事を覚えるだけで過ぎてしまいました。
仕事を覚え、必要なスキルまでしっかり覚えたいのであれば、期間は長めのプログラムに参加したほう良いと思います。(6週間でも短いですけどね!)
語学に関しては基本的には英語ですが、ハワイは日本語を理解してくれている方も結構多いです。しかし甘えていても仕方ないので英語はしっかり覚えた方がいいですね。現地で英語を聞いていると簡単な日常英会話くらいは自然にでるようになります。現地で勉強する強みですね。
海外に憧れを持っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、心配、不安で一歩が踏み出せない方も多いと思います。
スタッフさんが全力でサポートしてくれますので安心してください。私は先に海外で仕事をしながら待っています!

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!