ハワイで働いている先輩方のインタビュー
job interview

 

HOME > ハワイで働いている先輩方のインタビュー

ハワイで働いている先輩方のインタビュー

インターンシップでハワイへ働きに来た体験者の方へ、実際働いてみた感想を聞いてみました。

BACK|123NEXT

ハワイ旅行に行った時にガイドの夢が再燃。
ハワイの海の美しさをもっと多くの人に伝えたい。

Lisaさん  女性(26歳)

ハワイの職業: ツアーガイド

日本の前職: ホテルフロント

ハワイに来ようと思った理由

昔から海外で日本人観光客を案内するツアーガイドになるのが夢でした。なので、就職活動も大手旅行会社狙いだったのですが、ことごとく落ちてしまい…。せめて海外からの旅行者に関係する仕事がしたくて某ホテルのフロントとして就職しました。
思ったより充実していて仕事にはそれなりに満足していたのですが、休暇でハワイ旅行に行った時にガイドの夢が再燃。日本人ツアーガイドの求人も常時ありそうだったので、思い切ってハワイで転職することに決めました。

困ったことはありますか?

ホテルで厳しい接客やビジネスマナーを叩きこまれていたせいか、特にハワイに来てすぐの頃はハワイ人たちのルーズさに振り回されました。私もプライベートなら許せますが、ビジネスに関わることだとイライラしてしまって。
でも最近では慣れてきて、むしろ私の方がルーズになりつつあります(笑)。

嬉しかったことはありますか?

こちらに来て最初のうちはツアーガイドとして理想的な就職先が見つからず、日本と同じようにホテルのフロントとして働いていたのですが、人の紹介で今の旅行会社に入れてもらうことができました。世界中どこへ行っても人のつながりは大切なのだと実感した出来事でした。

お休みの日はどのように過ごしていますか?

最近になって今さらサーフィンを始めました(笑)。
ハワイの海は本当に最高で、この美しさを守りたくてビーチクリーンのボランティアにも参加しています。小さなビニールなんかでも海の生物にとっては大敵なので、少しでもお役に立てたらなあと思っています。

今後のビジョンを教えてください。

サーフィンを始めて再認識したのですが、ハワイの海の美しさをもっと多くの人に伝えたい。日本人だけでなく世界中の人たちに、ハワイの海の素晴らしさやそれを守る重要性をガイドしていけたらと思います。

30歳を目前に一代発起。お店には日本人だけでなく、世界中からお客様がいらっしゃるので日々ふれ合いを楽しんでいます。

akemiさん  女性(31歳)

ハワイの職業: 飲食業

日本の前職: 事務

ハワイに来ようと思った理由

元々接客や人とのふれ合いが好きだった私。日本で事務の仕事を始めて数年、このまま続けても本当にキャリアが積めるのか、やりがいが持てるのか疑問に感じていました。そんな時に失恋をしまして(笑)。単純に日本から出たくなって新しい挑戦をしました。

今どんな仕事をしていますか?

レストランで接客をしています。基本的にアメリカ・ハワイのよくある人気メニューです。ボリューム満点の肉料理もありますよ。もちろん仕事はハードですが、やっぱり接客は楽しい!と日々感じています。
日本人だけでなく、世界中からお客様がいらっしゃいます。もちろん、ハワイのロコ達も。日本と違って、店のスタッフに気軽に話しかけてくれます。

困ったことはありますか?

実は英語があまり得意ではなかったんです。でもお金はあまりかけたくなかったので、ハワイに行くと決心した日から、ラジオの英会話でレッスン開始。基本的な日常会話はなんとか通じるようになりましたが、まだまだ料理や接客を通じての細かいニュアンスが通じなくて、日々勉強です。何か困ったら笑顔でカバー。そして、英語の堪能なスタッフに助けてもらいながら横で理解するようにしています。

嬉しかったことはありますか?

月並みですが、料理を美味しいと言って食べてくれるお客様がいることですね。よくお客様に「おすすめは?」と聞かれるのですが、男か女か、出身国やそのお客様の体型・雰囲気、人数を見ておすすめ料理を伝えています。日本で培ったおもてなし精神は本当に役に立っています。
ある海外のお客様から「あなたのおすすめは正しかったわよ」と言われ、本当に嬉しかったです。

今後のビジョンを教えてください。

だいぶ慣れてきたので、ブロクでも始めようかと思っています。「ハワイで働く元OL日記」みたいなのです。軌道に乗ったらネットを使った個人輸入販売の副業を考えています。

これから来る方や、今迷われている方にメッセージ

自分を変えたいと思っている方、現状の毎日に満足していない方。まずは環境から変えてみるのも手です。実際ハワイは物価が高い割には給与水準はそれほど高くなく、質素な生活を送ることになりますが、精神的には日本にいた時より裕福(?)で健康的な生活を送っています。昔悩んでいたことがちっぽけに感じる日がきっと来ると思います。

お客様の「ありがとう」が最高に嬉しい。
帰国のお見送りで満足そうに帰っていかれる姿を見ると、強くやりがいを感じます。

ナホミさん  女性(29歳)

ハワイの職業: 旅行会社ツアーデスク

日本の前職: 自動車メーカー広報

ハワイに来ようと思った理由

大学を卒業後、広告代理店の営業、自動車メーカーの広報を経験。尊敬できる先輩や志が高い同僚にも恵まれ、毎日充実した仕事をしていましたが、「自身の英語のスキルアップのため」と、「日本と全く違う環境に身を置いてみたとき、どこまでできるか試したかったから」というのが大きな理由です。ただ、帰国後の再就職や、金銭的にも心配だったため躊躇していました。そんな中、同じ習い事をしているレッスン仲間から「有給インターンシップ」の存在を教えてもらいました。

今どんな仕事をしていますか?

ワイキキにある旅行会社の現地ツアーデスクでカスタマーサービスをしています。主な仕事は、ツアー参加者のアクティビティや各種レッスンなどのオプションの申し込み受付やレストランの予約などです。その日によっても違いますが、午前中は、その日にハワイに来られるお客様の情報確認とお渡しする資料の準備やオプションの予約確認などが多く、午後には到着されたお客様への挨拶をはじめ、接客を行っています。

困ったことはありますか?

やはり英語です。学生インターンシップに参加したことがある友人から「小さいころから習い事として英会話を学んでいないなら、ハワイ渡航前に個人レッスンでも受けるといいよ」という忠告がありましたが、どうにかなるかと思っていました。結果的にはどうにかなったのですが、クレームの場合などデリケートな内容を伝えるのはとても難しいです。そんなときに、ハワイの方たちはつたない私の英語でも理解しようと聞いてくれるのがありがたいです。

嬉しかったことはありますか?

ときにはとても難しい要求をされるお客様もいらっしゃいますが、どんな場合でもお礼を言っていただけるときがいちばん嬉しいです。最初はクレームでも、誠意を込めて対応して最後は「ありがとう」と言ってもらえたときが特に嬉しいです。そんなお客様が帰国する際のお見送りで、満足そうに帰っていかれると強くやりがいを感じます。

ハワイへ来る前の準備として何が一番重要でしたか?

やはり、下調べが重要だと思いました。以前学生インターンシップ参加者が、ちょっとした習い事気分で渡航したことからの失敗談などを聞いていたので、綿密に下調べをしました。昨年参加した先輩に聞いたり、エージェントの方からアドバイスをいただいたり、とにかく一つでも多くの情報をもらい、ハワイに来ました。

これから来る方や、今迷われている方にメッセージ

私自身がまだインターンシップの途中なのでいろいろと模索中ですが、ただひとつ言えるのは、迷っているのなら今すぐにでも踏み出して、行動に移してほしいです。自分一人では叶わなくても、自分に合うエージェントさんが見つかれば、とんとん拍子に進むはずです。ただし、この経験を意味のあるものにするには、ただハワイに行くだけでは何も得られません。そこで何をするか、何を学ぶかという目的をしっかり持った上で参加することが大事だと思います。習い事などもそうですが、「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」だと思います。

BACK|123NEXT
メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!