ハワイで働くために必要な情報
useful

 

HOME > ハワイで働くために必要な情報 ハワイを楽しむ情報 ハワイネイティブカルチャー情報

ハワイネイティブカルチャー情報

ハワイネイティブカルチャー情報

独自の文化を知ることでハワイの魅力を再認識!

ハワイ語やフラ、レイ作りをはじめ、ハワイアン・キルトやアロハシャツなど、長い歴史の中で培われてきた独自の文化が現在も数多く残されてるハワイ。ここではハワイへ滞在中にぜひ触れたいカルチャーをご紹介します。

ハワイの言語

サーフィンハワイはアメリカ合衆国の50番目の州で、使用言語は英語ですが、一度は耳にしたことがある「アロハ」や「マハロ」といったハワイ語が独自の言葉が存在します。
5つの母音と8つの子音のみで構成され、世界でもっとも短いアルファベットを持つ言語といわれていますが、その短い言葉の中に多くの意味が込められています。しかし現在ではほとんど使用されておらず、現地に暮らす人の約1%にまで減少しているのが実情で、いずれ消滅してしまうのではと危惧されています。
それとは別にジョン・イングリッシュと呼ばれる言語がありますが、これはハワイでのみで使用されている言語のことを指し、英語圏の人でもなかなか理解出来ない場合も。その中には英語+ハワイ語、英語+日本語という組み合わせた言葉もあり、ちゃんと聞いても聞き取れない、意味が分からないなんてことも。
ですが、ハワイの人々は普通に使用していますので、機会があれば学んでみましょう。

レイ

スタンドアップ・パドル現地を訪れると花の首飾りを掛けた人を見かけますが、それがレイです。一般的に花の首飾りというイメージを持つ方も多く、は様々な形があり用途も様々。例えば、観光用に渡されるものには「歓迎」の意味が込められています。
地元では、レイを貰った人の前で外すのはいけないことされていますので、もし受け取った場合には気を付けましょう。素材の種類や作り方でその意味は異なりますが、日本で花束を贈るのと同じでハワイでは様々な行事に送る習慣があり、結婚式や誕生日などのお祝いの際やお葬式といったお悔みにも用いられます。また島ごとにシンボルフラワーで作られるのも特徴的です。
毎年5月1日開催される「レイ・デイ」では、色々な種類のレイを学校ごとに作ってお祝いするのが習慣となっています。

ハワイアンキルト

1820年代にイギリス人宣教師によって伝えられたパッチワークが独自に進化・発展したのがハワイアンキルトです。当時、ハワイには生地が存在せず木の皮を伸ばしたパカと呼ばれるものを身に付けており、いわゆる端切れ布を利用する習慣がありませんでした。そのため、大判の一枚布を8つに折りたたんでカットする方法が用いられ、独特な左右対称の柄が生まれたといわれています。
またパイナップルやハイビスカス、モンステラといった自然をモチーフにしたデザインが多く、ぷっくりと浮き上がった波紋のようなキルティングラインが特徴です。そのデザインはとても大切にされており、当時のハワイアンキルター達は真似をされることを恐れて、完成するまでは決してデザインを他人には見せないという風習があったほどです。

アロハシャツとムームー

ジェットスキー日本やその他の国ではリゾートウェアやカジュアルウェアとして使用されているアロハシャツですが、ハワイでは男性の正装として扱われます。普段着として利用する方もいますが、オフィスや高級レストランでの着用はもちろん、冠婚葬祭にも用いられています。
結婚式、葬儀、祝賀など色々な用途に合わせて作られていますが、正装として着用する場合にはTPOにより使い分けられて、その基準は柄となります。
一方、ハワイ語で「短く切る」という意味を持つ、フラダンスの衣装としても知られているムームーは女性の正装として認められています。古代ハワイの女性は上半身裸で過ごしていましたが、キャプテン・クックがハワイ島を発見した後に渡ってきた宣教師により普及されました。当時の西洋では長いドレスが主流でしたがこの地の気候にマッチしないとアレンジされ、現在の形へ変化しました。

フラ

スキューバダイビングフラとはハワイ語で「踊る」を意味します。かつて、教的儀式のひとつでしたが1820年、アメリカからやって来たプロテスタントの宣教師たちにより禁じられた過去があります。後に伝統芸術を推奨するカラカウア王の時代に復活を果たしました。フラにはフラ・カヒコとフラ・アウアナの2種類があり、フラ・カヒコは古代から伝わるもので自然や神に対する礼拝を込めて詩を唱えながら踊ります。一方、フラ・アウアナは19世紀以降、欧米の音楽を取り入れて作り出された新しい形式の踊りです。現在フラダンスとしてよく目にするのはフラ・アウアナですがレパートリーは固定されておらず、現在も新作が作り続けられています。その振り付けにはそれぞれ意味が込められていて、文字を持たなかった古代ハワイアンはフラを使って思いや歴史を伝えていたのではないか、という見方もされています。

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!