ハワイで働くために必要な情報
useful

 

HOME > ハワイで働くために必要な情報 ハワイの仕事情報 企業との面接のポイント

企業との面接のポイント

インターンシップも通常の就職活動同様、企業の面接があります。もちろん面接官は毎回違う人物で、その評価基準や感じ方は様々。その為「必ず合格するための対策」というものはありません。けれど「面接官が着目しているポイント」はある程度共通しています。それは、「本人の志向が企業と合っているのか」と「仕事が出来そうな人物なのか」。更に相手に好印象を与えるような受け答えを心がけることも重要です。出来る準備はしっかり行い、周りのライバルよりも一歩二歩上を行く印象を与えたいものですね。ここではインターンシップの面接に関して押さえておきたいポイントをご紹介します。

企業の研究は必ずしよう

まずは面接を受けるインターンシップ先の企業についての基本情報をしっかりと把握をしておきましょう。特に「社長名」「主力事業」「年間売上高」「従業員数」「沿革」は最低限の知識です。これらは会社のホームページを見れば、載っていますので事前に目を通しましょう。

業界の理解を深めよう

インターンシップ先の企業がどういった事業を展開し、どんな業界に属しているのか理解をして自分なりの考えを持っておきましょう。またその会社が競合他社と比べてどの程度の市場規模なのか、会社のホームページ以外からも様々な角度から検索をしましょう。

カバーレター作成には力を入れて

カバーレターとは、履歴書と一緒に企業に提出する自己紹介状。海外インターンシップの採用の可否は履歴書とカバーレターでほぼ決まります。応募する会社に自分をアピールする大切な手紙であり、企業側にとっては1番最初に応募者を評価する非常に重要なものです。

カバーレターの内容

何故その企業を選んだのか、その企業にふさわしいと考える自分の能力や長所などのアピールに加え、面接のお願いを最後に書くのが基本的な流れです。履歴書とともに、簡潔に用紙1枚でまとめましょう。また、文字や文法を間違えないことは当然のマナーなので何度も声に出して読み直して下さい。

面接官ときちんとコミュニケーションしよう

英語で面接の場合、文法や言い回しなどが不安だと思いますが、面接官の目をまっすぐ見てはきはきと自分に自信をもって受け答えすることが必要です。黙り込んだり、適当に答えたりしてはいけません。内容がわからない場合はその旨を正確に伝えることも重要になります。

面接において重要視されること

ほとんどの企業はインターンシップで即戦力になる人材を雇うことが出来るとは考えていません。雇うか雇わないかを決める基準は「やる気」と「行動力」と「協調性」です。「自分で考えたり、調べたりすることができるか」、「チームの一員として働けるかどうか」などが重要視されます。

面接時の服装について

日本での面接と同様、重要視されるのは清潔感です。また、カジュアルな社風だとしても基本的に男女とも濃紺やグレーなどのリクルートスーツを。そして糊が効いた白や薄水色など爽やかな色のワイシャツやブラウスを合わせると好印象。また、髪形やお化粧、指先にまで気を遣いましょう。

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!