ハワイで働くために必要な情報
useful

 

HOME > ハワイで働くために必要な情報 ハワイの仕事情報 ハワイで働くメリット

ハワイで働くメリット

常夏の楽園ハワイ。日本人観光客が最も訪れる国(地域)のひとつで、人気芸能人たちがお正月休みや結婚式のために行って話題になるイメージも強いですね。
一年中過ごしやすい気候のハワイは、日本人にとって非常に生活のしやすい理想的な場所。
そんなハワイには、旅行ではなく働くことを決意して集まる人たちが少なくありません。
ハワイで働くことのメリットや、ハワイで日本人が就ける仕事などについてご紹介します。

ハワイで暮らす日本人

夏休みや新婚旅行など、一度でもハワイに行ったことのある方なら「いつかハワイに移住できたらな…」なんて考えたことがあるのではないでしょうか。
ただしご存知のとおりハワイは物価が高く、移住するにも初期費用がかかります。そしてよほどの貯金でもないかぎり、現地での収入が必要です。
ハワイで収入を得て生活をしている日本人の主なパターンとしては
・結婚してグリーンカードを持っている人
・株や不動産などの投資家
・特殊技能者
・J1ビザのインターンシップ
が挙げられます。
グリーンカードはアメリカ人と結婚した女性に多いですが、一般の抽選ではなかなか当たりません。投資家もハワイには住めますが、お金がかかります。特殊技能を持った技術者などにはハワイの企業がビザをくれますが、その企業にどうしても必要とされているごく一部の場合に限られます。

J1インターンシップでハワイ生活

前述した3つの方法が難しいという方も諦めてはいけません。インターンシップでもハワイ移住生活は可能。J1ビザのインターンシップでハワイに行くのが一般の人々には最も確実な方法と言えるでしょう。
とはいえ、残念ながらJ1ビザには1年や2年という期限があります。しかし、運が良ければJ1ビザで働いた後、ビザが切れる時にJ1で働いていた会社から就労ビザを出してもらえることも。
つまり、J1ビザでインターンシップとしてハワイで働くことで、大好きなハワイで長い間暮らせる可能性があるのです。

ハワイでの仕事

ハワイといっても、現存する職種は日本とほぼ同じ。飲食店やホテル、アパレル業界など、さまざまな職種があります。
ただし、当たり前ですが英語力が必須です。一部の日系企業以外では、基本的にどこに行っても高い英語力が求められます。英語力に自信がないうちは、ハワイでは日系企業で働くのがいいでしょう。
日系ハワイ企業は貿易関係、旅行関係、ホテル関係、飲食関係、アパレル関係、メディア関係をはじめたくさん存在しています。日本人向けの旅行会社や、日本向けのメディア関係の会社は間違いなく日本人相手の仕事になるので、求められる英語力はさほど高くはありません。

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!