ハワイで働くために必要な情報
useful

 

HOME > ハワイで働くために必要な情報 ハワイの生活情報 日本とハワイを比較!マナーいろいろ

日本とハワイを比較!マナーいろいろ

日本とハワイのマナーの違いについて教えてください。

ハワイ独自のマナー

日本とハワイは別の国のため当然マナーも大きく違い、日本では当たり前の行為もNGということはよくあることです。海外にはそれぞれ独自のマナーがあり、滞在するのであれば当然それを守ることが必要になってきます。ここでは、学生インターンシップを使ってハワイで仕事をするのが楽しみかと思いますが、渡航する前に知っておくべき最低限のマナーを紹介します。インターンシップでは、ハワイでの仕事と遊びを体験できますが、マナーを守ることで充実したインターンシップを満喫できます。

喫煙について
ハワイでは屋内と公共の場所での喫煙は法律によって禁止されており、違反者には$100以下の罰金が科されます。喫煙可能な場所は、屋外やホテル、ショッピングセンターなどの一部灰皿が設けられた場所に限られ、咥えタバコやポイ捨てはもちろんNGです。

飲酒について
ハワイでは日本とは違い21歳未満はアルコールの販売禁止なので、20歳でもアルコール飲料をオーダーしたり、購入することはできません。21歳未満の学生さんは違反することのないようご注意ください。また購入する際は、身分証を提示しないといけないのでパスポートを忘れないようにしましょう。ビーチや公園などのパブリックスペースでの飲酒は禁止されています。違反した場合は罰金を科せられるので要注意。

ハワイのドレスコード
レストランは昼はTシャツにビーチサンダルでもいいですが、夜は雰囲気が違うためディナー時は襟付きのシャツを着て行った方がよいでしょう。また最高級クラスになるとジャケットも必要です。学生の皆さんは、着て行くような服をお持ちでない方も多いでしょう。何を着て行けばよいか迷った場合は、ハワイは男性ならアロハシャツ、女性ならばムームーが正装とされているのでこれらを着て行けば間違いないでしょう。

レディファースト主義
ハワイはアメリカ州の1つであるため「レディファースト主義」です。バスなどで男性が座って女性が立っているなんてことはあってはいけません。必ず女性に席を譲りましょう。また、男性がドアを空けて女性を先に通すといったことは当然です。日本ではレディファーストの考え方がまだまだ広まっていないため、とまどうことが多いかもしれません。しかし、こういったことが自然にできる男性は日本に帰ってからも頼もしいと思われる可能性が高いです。学生インターンシップをきっかけにレディファースト主義を徹底的に叩き込んでおきましょう。

パブリックスペースの使い分け
ハワイでは日本以上にプライベートスペースとパブリックスペースの使い分けには気をつけなくていけません。日本の場合、ホテルで浴衣やスリッパで廊下やロビーを出歩く人がいますが、ハワイではマナー違反。またこういった場所で大声を出したり、走ったりするのもNGです。日本よりも公私の区別をつけることが求められるので、インターンシップ中は特に注意しましょう。

身体の接触には注意
ハワイの人たちは、日本人に比べて身体の接触をひどく嫌がります。日本人は満員電車などで他人との接触に慣れていますが、電車のないハワイは他人と接触する機会があまりありません。なるべく体がぶつからないように注意し、もし体が接触してしまったら必ず "Excuse me." と謝るようにしましょう。

日本にはないチップという習慣

日本にはチップの習慣がありませんが、飛行機を降りた瞬間そこはアメリカですから、ホテルのポーターに荷物を持ってもらったり、ホテルでタクシーを呼んでもらった時はチップが必要になってきます。彼らはチップで生活しているところがあるので、学生だから、日本人だからといって払わなくてもいいということはありません。

チップの相場

どんな時にいくら払えばよいかですが、それぞれのサービスによって異なります。
ここではそれぞれのサービスのチップの相場について説明します。また、チップをコインで渡すことは「あなたのサービスは最低だ」ということを意味することになるので絶対に止めましょう。接客態度が気に入らない時でも、チップを渡さないのはマナー違反となりますのでお気を付けください。

客室清掃
ホテルのレベルにもよりますが、ベッド1台につき$1から$2が基本です。部屋を出る時に枕の上などのわかりやすい場所に置いておくようにしましょう。

ポーター
荷物1個につき$1が相場。大きさや重さによっても異なります。ただし、ツアーの場合はツアー料金に含まれているため渡す必要はありません。(学生インターンシップの場合はツアーではありませんので、必ず支払うようにしましょう)

タクシー
メーターの金額から10%から15%。清算する際にチップも一緒に渡しましょう。運転手が荷物の出し入れを手伝ってくれた際は、荷物1つにつき$1追加して渡してください。

レストラン
ランチは料金の10%から15%、ディナーは15%から20%前後が基本。サービスの良し悪しにより、増減させるのが一般的です。ワイキキなどの観光地では最初から料金にチップが含まれていることがあるので気を付けてください。

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!