ハワイで働くために必要な情報
useful

 

HOME > ハワイで働くために必要な情報 ハワイの生活情報 ハワイの交通手段について

ハワイの交通手段について

整備された広い道路に、運転マナーの良いローカルたち。レンタカー初心者でも比較的運転しやすいとはいえ、アメリカの州であるハワイは日本とは大きく交通事情が異なります。安全に注意し、快適なハワイ滞在を楽しむために覚えておきたい、交通ルールやマナーがありますので、事前に確認しておきましょう。

交通・移動手段

勤務先や研修先までの移動手段としてインターンシップ期間中によく利用するものといえば、バスか自転車がポピュラーです。ただし、バスは日本と違い時刻表通りに来ることはほとんどありません。移動の際に無駄な時間を消費させられないように、ハワイの交通事情をしっかりと把握しておきましょう。
ちなみにこの国ではインターンシップ生にとっては保険の加入や維持費、駐車場代などが経済的負担になることから、滞在のために車を購入する人は滅多にいないのが現状です。

エリア

車を所有した方が良いのか、それともバスや徒歩、または自転車で通勤した方が便利なのかは、住む場所によって選択が変わってきます。基本的には研修先、または勤務先から近い地域に住む方が日々スムーズに生活は出来ます。
インターンシップをされる方の多くが務めているのはワイキキ周辺の会社です。この場合ならワイキキ、アラモアナ、マノア、カパフル、ダウンタウンあたりに住むケースが利便性もあり、非常に多くなります。

 

ザ・バス
ハワイ州唯一の公共交通機関がザ・バスです。アメリカ国内で最も質の高い公共交通機関として賞を贈られたこともあり、市民の足としても古くから愛されている交通ルートです。乗車1回につき大人2.5ドル、オアフ島内をくまなく移動出来るのが魅力です。降車時に「トランスファー・チケット」と呼ばれる乗り換えチケットなら、2時間以内の乗り換え時の運賃が1回無料となります。
また100近くある全ルートを4日間乗り放題25ドル、1か月乗り放題60ドルで購入出来るお得なパスポートもあります。自転車はバスの前に付属している自転車用キャリアに乗せることが出来、疲れた時にも便利です。

エアポートシャトル
ホノルル国際空港からワイキキまで、滞在するホテルの前で降ろしてくれる便利な乗り物がエアポートシャトルです。料金は片道12ドル、往復利用だとお得な20ドルです。日本からハワイに到着した際にはタクシーではなく、こちらを利用するとお財布に優しいでしょう。

ショッピングシャトル
アメリカのチェルシー・グループが展開する人気のショッピングスポット、ワイケレ・プレミアム・アウトレットへは、ワイキキから片道5ドルのシャトルサービスを利用するのが便利です。
他にもターゲット、スワップミートなど、ホノルル近郊にある人気のショッピングスポットへは、往復のみの送迎ツアーがあります。料金は10〜12ドルとバスを使うよりは割高ですが、時間を有効に使いたい人にはおすすめです。

ワイキキ・トロリー
運行は約10分間隔。ワイキキエリアの主要なショッピングセンターや観光スポットを巡るのがワイキキ・トロリー。「レッドライン(ハワイ歴史観光コース)」「ピンクライン(ワイキキ・アラモアナショッピングコース)」「ワイケレライン(ワイケレ直通)」の3つのラインで結ばれているのが特徴です。
ラインによって乗車チケットの料金は異なります。オンライン割引がありますので、事前にWEB予約をしておくとお得に購入が出来ておすすめです。

タクシー
バスやトロリーが通っていないエリアに行きたい時、または荷物が多い際に便利なのがタクシーです。一般的にハワイでは流しのタクシーが存在しないため、タクシー乗り場で待つか自分でタクシーを呼ぶ、またはホテルやショッピングセンターの係員に呼んでもらうようなシステムとなっています。
ハワイのタクシーは乗客が自分でドアを開閉します。料金はオアフ島なら初乗りが2.80ドル、以降1マイルごとに2〜3ドルが加算されます。降りる際にはタクシー料金に15%程度のチップを加えて支払って下さい。

レンタカー
公共の交通機関が発達していないローカルなハワイでは、何といっても車があればとても便利です。ですがインターンシップ生にとっては保険の加入や維持費、駐車場代などが負担になるため、車を購入する人はあまりいません。
たまにはドライブを楽しみたいな、と思った時にレンタカーを借りるのが良いでしょう。ハワイは他の国と比較しても運転マナーが良い人が多く、風土のせいかのんびりと走行する人が多いため、日本人にも比較的運転しやすいようです。そこでハワイの法律やルールを守り、楽しくドライブ体験をしてみましょう。

レンタカー会社

ニッポンレンタカー
http://www.nipponrentacar.co.jp/hawaii/
電話:808-831-3829

ホノルルオートレンタカー
http://www.werentacar.com/navi/
電話:1-808-942-4444

バジェットレンタカー
http://www.budgetrentacar.jp/hawaii/
電話:808-838-1111

タラーレンタカー
http://www.dollar.co.jp/rental/
808-952-4264

知っておきたい主な交通ルール

安全に注意し、楽しくドライブをするためには、その土地のルールをきちんと把握し守らなければなりません。交通量はあまり多くはないし、ゆっくりと走行するドライバーが多いハワイですが、郊外やフリーウェイでは十分な車間距離を取ることも大切です。

左ハンドル・右側通行、数字はマイル表示
ハワイはアメリカ本土と同様に左ハンドルで右側通行。日本では左側通行で走行することが当たり前になっているため、ハワイでもうっかり左側に入ってしまうことがないように気をつけましょう。初めて右側通行をする人は発進時や左折時に、特に注意が必要です。
また、速度制限や距離を示す標識等の数字はすべてマイル表示。1マイル=約1.6キロメートルです。「MINIMUM SPEED 45」は最低速度が約72キロ、「SPEED LIMIT 35」なら制限速度は約56キロという意味になります。

シートベルト着用は2013年に義務化
ハワイでは2013年5月から全席シートベルト着用が義務化されました。シートベルトは運転席・助手席に座る人だけでなく、後部座席も含めた全員がシートベルトを着用するという意味ですので、同乗者がいる際には必ず着用を呼びかけて下さい。4歳以下の幼児についてはチャイルドシートの設置が運転の条件となります。

横断歩道の歩行者には注意
ハワイにはクロスウォーク法(横断歩道法)と呼ばれる法律があります。これは歩行者が横断歩道を横断している時は歩行者の安全を優先するため、走行車線側を横断している際は横断歩道の中央を過ぎるまで、車は停止しなければならないと義務付けられているのです。違反すると罰金が150〜1,000ドルが課せられます。

メールで資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ
メールで資料請求・お問い合わせ
B.I.C Bridges for International Communication☎050-5 807-3410
受付時間:10:30〜17:00(定休日:年末年始)

 

 

ステップフォワード

ハワイの求人に興味がありハワイで働きたい優秀な日本の方々に対し、「お客様一人一人に合ったインターンシップ・ハワイ求人企業情報」をご提供したいと考えています。

ESTA.com

アメリカ入国にはESTA(エスタ)が必要です。エスタ.com【ESTA.com】はアメリカ旅行者のために便利で正確なESTA申請をお手伝いします。

スタディハワイ

高校生から社会人・シニアの方のためのハワイ留学・語学留学をサポートするサイト

ハワイFan!

ハワイライフの魅力やハワイ語学留学情報などをたっぷりご紹介します!